養生シートを使うときの注意点~クレーム対策術~

養生シートを使うときの注意点~クレーム対策術~

一軒家

喚起ができない

養生シートをすると夏は特に蒸し暑くなってしまい、そのままにしておくと従業員の健康を害してしまう恐れがあります。ですので、交代や水分補給などをしっかりとさせるなどして、作戦を練ると良いでしょう。また、最近では通気性のいいものも販売されているので、場合によっては機能性の高いものを選ぶようにするのが賢明です。

植物に害を与えないこと

塗装をする場合はペンキが四方八方に飛び散らないようにしっかりと養生シートをかけなければなりませんが、植物では枯れてしまう元凶になってしまうので、スピーディーな作業をして、早く取ることで防ぐことができるでしょう。

はがしやすい粘着テープがベスト

粘着テープを利用することがしばしばある工事現場ですが、あまりにも強力なものですと、住宅や養生シートから取る時に跡になってしまいます。そうなると梃子でも動かなくなってしまうので、ほどよい強さのテープを買うのが粋です。

揃えておくといいものトップ3

no.1

標識をつける

工事現場にあるものをトラックで運ぶ時には、計量を重視しておかなくてはなりません。そういった時に、標識があれば一目で見ることができるでしょう。そして、マジックテープでできているので、取り外しが楽ちんです。

no.2

ワンプッシュでOK

養生シートは汚れが付着しやすくなっていますが、専用の液体を吹きかけるだけでみるみる汚れが落ちていく商品も存在します。それがあれば、長期的に綺麗なまま使用することができるので、持っておくと良いでしょう。

no.3

ドリル

シートに穴を開けることによって、より頑丈に固定することができるようになっています。ですので、ドリルを用意しておくといいかもしれません。また、ドリルにも様々なサイズがあるので、適切な物を買うと良いでしょう。

広告募集中