作業員の命をも守る養生シートの真実

男性

そもそも

養生シートとは、主にビルやマンションなどの建物をリフォーム工事をしたり、解体工事をしたりする時に用いられるものとなっています。養生シートには、工事をする時に発する音を防いでくれる効果があるのです。そして、鉄筋コンクリートで建てられた物は場合によって発火を招いてしまう恐れもあるので、作業員や近隣住民を守るためにも、防炎シートがかけられているのです。他にも、高層ビルの工事をする際は強風に打たれる可能性が高くなってくるので、防風シートを利用するのが一般的となっています。

仲間でもある

一方、工事現場とは無縁に思われている土嚢袋は、給水機能もさることながら、土木工事現場や爆発処理現場でも活躍しているのです。そして、銃弾や砲弾破片を防御するための遮蔽物としても適応されているのです。

新着情報

買う前に一読

ものによっては使い方や掃除の方法などがガラリと変わってくるものがります。ですので、どういった素材がいいのか下調べをしておくことによって、快適に使用することができるようになるでしょう。

ハテナを解決

重さはありますか?

ポピュラーなものですと、横が1800で縦が3600となっており、養生シーやハトメ加工、周囲PP結束ロープ縫込による加重を加えるとだいたい3キログラムになります。しかし、重機で持ち上げられる量となっています。

掃除が簡単な素材はどれですか?

養生シートは高額ですので、何度も使用しようと考えているのならターポリンが最適だと言えるでしょう。何故なら、ターポリンは中の素材まで浸透することがないので、表面をふき取るだけで清潔さを維持することが可能です。

取付る際の注意点はありますか?

養生シートには縛り付けるところが多くなっている種類もあります。なので、そういった箇所を余すことなく使うことによって、より安全対策をすることができるでしょう。そうすれば、風にあおられても負担を均等にすることができます。

広告募集中